上清水一三六の飛躍への暗躍

祝!ディープインパクト有馬記念優勝!!からもう1年・・・
上清水一三六、慟哭す
「入江君。素晴らしいアイディアが浮かんだよ」
「なんです、今度は」
「これなら本の売上が倍増だぞ」
「またまた胡散臭いですねえ」
「いや、まあ聞きたまえ。とりあえず1000ページくらいの大長編を書くわけだ」
「とりあえずって・・それで?」
「もちろん内容はワクワクドキドキの極上ミステリーだが、結末・犯人は書かない」
「ネットででも公開するんですか?」
「そうじゃない。本編内では書かないと言ってるんだ」
「じゃあ、どこでです?」
「表紙の裏だよ」
「カバーの内側ってことですか?」
「違う違う。見返しの裏というか表紙の中だよ」
「・・・表紙の中?・・糊付けしてあるじゃないですか」
「そうだよ」
「それじゃ、見られないでしょう」
「表紙を剥がせば見られるだろう」
「・・・ムチャな・・」
「バカだな、入江君。それが作戦なんだよ。面白い大長編を読んできた読者は絶対にその結末を知りたいだろう。そうしたら表紙を剥がしてでも読むさ。しかし、当然のごとく本はボロボロになる。そうすると読者は?」
「もう一冊買う!?」
「その通り!どうだね、この戦略は?」
「なるほど。それはいいかもしれませんねえ」

この驚天動地の企画はすぐに通り、史上初の、結末が表紙の内側に書いてある小説は本屋の店頭に並んだ。

作品自体がまったくつまらなくしかも無駄に長かったために、読んだ読者の大半が途中で読むのを止めて結末を待たずに放り出すことになるのを二人が知るのはもう少し後のことだった。

《END》
[PR]
by kamishimizu136 | 2007-01-26 11:36
<< 上清水一三六、昇天す 上清水一三六、咆哮す >>


by kamishimizu136
プロフィールを見る
画像一覧
第2回上清水賞受賞作品決定
『ファイルNo.0136「清香島」・事件編』
「ペとハと愉快すぎる仲間たち」paperheartさま&hat_trickさま
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
上清氷一三二 提案す
from 上清氷一三二の栄光への脱臼
栄光への脱出
from 1-kakaku.com
栄光への脱出
from 1-kakaku.com
栄光への脱出
from 1-kakaku.com
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧