上清水一三六の飛躍への暗躍

祝!ディープインパクト有馬記念優勝!!からもう1年・・・
上清水一三六、苦悶す
「・・・入江君」

「どうしたんです先生。いつになく深刻な感じで」

「・・アイディアが出てこないんだよ」

「いつものことじゃないですか、と言いたいところですけど、先生は本を売るためのしょうもないアイディアは湯水のように湧いてきますからね」

「本を売るアイディアは相変わらず洪水のように出て来るんだが、肝心のストーリー・プロットがとんと下りてこないんだよ」

「まあ、そっちは元々ないに等しいから・・」

「なんだって!?」

「いえ、なんでもないです」

「えーと、こういうのはなんと言ったかな。ドランクドラゴンじゃなくて、シャ乱Q・・違うな。ケロンパ?トランプ?」

「もしかしてスランプですか」

「そう、それだ!なにしろそんなものになった経験がないもんだからな。よくわからなくて」

「なんかその割に余裕がありそうに感じるのは気のせいでしょうか」

「そんなことはない。本当に困ってるんだ。トリックもさることながら魅力的な新キャラクターを考えようとしてるんだがさっぱり思いつかなくて・・」

「困りましたねえ」

「困ったなあ」

「・・・・・」

「・・・・・」
[PR]
by kamishimizu136 | 2007-02-13 17:42
<< 緊急特別スペシャル企画『キャラ... 上清水一三六、昇天す >>